« 2004年9月 | トップページ | 2007年7月 »

迷惑メールを撲滅したい

増え続ける迷惑メールには、皆さんも悩まされていることでしょう。
私の場合も、迷惑メールの中から大事なメールを探し出すという方が現実に近いです。
仕事上、重要なメールを見逃したら、業務に支障をきたします。
仕事で使っているアドレスは、こんな世の中になる前に取ったものですので、
単純なアドレスであることも原因のひとつですが。
しかし、仕事に使っている以上、そう簡単にはアドレスを変更できないのが辛いところ。
プロバイダのメール振り分け機能も、カンペキには振り分けてくれません。

ところで、「テクニカルな人なのにダッセー!」と言われそうですが、
メーラーはOutlookExpressを使っています。
私は周囲からパソコンに関する質問を受けることが多いので、
なるべく、一般の人が使っているソフトを利用するようにしています。
「私は使ってないから、わかんないよ。」では、申し訳ないですからね。
ですから、OutlookExpressが一番いいからとか、一番使いやすいからとか、
そういう理由で選んでいるわけではありません。

OutlookExpressには、「メッセージルール」を作成する機能が搭載されています。
この語句(NGワード)が本文中にあったら削除するとか、
恋人からのメールはピンク色で強調するとか、
この人からのメールは問答無用に削除するとか、
さまざまなルールを自分で設定することができます。

つい最近までは、その機能で迷惑メールを振り分けていたのですが、
NGワードを含まない迷惑メール、毎回違うアドレスで送ってくる迷惑メールなどが増え、
なかなかうまく振り分けができなくなってきました。
そこで、何か手はないかと思って探していたら、
「窓の杜」で「OE Rule」というフリーソフトを見つけました。
ここに解説がありますので、詳しくはそちらを見てください。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/04/24/oerule.html

このソフトのいいところは、OutlookExpressを使用したままで、
OutlookExpressの「メッセージルール」の機能を強化できることです。
特に、「アドレス帳にあるアドレスからのメールは削除しない」というルールが
簡単に作成できるところが気に入っています。
OutlookExpressで、このルールを作ろうとしたら大変ですよ~
アドレス帳のアドレスをひとつひとつ全部コピペしなくてはいけません。(汗)
迷惑メールの山の中から、大事なメールを見つけ出すというコンセプトでいくとすると、
「アドレス帳にあるアドレスだけ信頼する」のが一番です。

しかし、これだけでは、大事なメールが削除される可能性があります。
たとえば、友人から「メールアドレスが変わりました。」というメールがよく来ますよね。
当然、アドレス帳には載っていないメールアドレスです。
「アドレス帳にあるアドレスだけ信用する」ルールだけなら削除されてしまいます。
このソフトのすごいところは、アドレス帳にないアドレスでも、
こちらの個人情報(自分の名字やアドレス)や、
アドレス帳にあるアドレスが本文に含まれているメールは削除しない、
という設定が簡単にできるところです。

これなら、アドレス変更通知メールでも、自分の名字が記載されている場合、
たとえば、「○○さん、お元気ですか?」という一言があれば、削除されません。
また、×古いアドレス ○新しいアドレス のような記載があれば、
古いアドレスはアドレス帳に載っていますから、信頼メールと判断されます。

OutlookExpressのメッセージルールを覗いてみたら、
このソフトで設定したルールがすべて反映されていました。
こういう設定をしたいときは、OutlookExpressではこう設定すればいいんだー、
と、いろいろ勉強にもなりました。
また、今までOutlookExpressにたくさん登録してあった「禁止するメールアドレス」は、
全部解除しました。
大事なメールだけを拾って、残りは削除するという形にしましたから、
禁止アドレスやNGワードを登録する必要はなくなりました。

このソフトで設定したばかりの頃は、通販用メールアドレスに届くメルマガや
通販サイトからのお知らせメールなどは、アドレス帳に載っていないために、
「削除済みアイテム」フォルダに振り分けられていました。
このため、必要なメールが削除されていないかをチェックして、
必要なものはアドレス帳に登録するという作業が必要でした。
パソコンの起動時にアドレス帳と同期する設定にしておけば、
次回起動時には、自動的に信頼するアドレスに登録されます。

上記の作業を進めて1週間位すると、カンペキに分類されるようになりました。
必要なメールは「受信トレイ」に残り、迷惑メールは「削除済みアイテム」に移動します。(シ・ア・ワ・セ♪)
それでも、「削除済みアイテム」を空にする前に、必ずチェックするようにしています。

注意して頂きたいのは、大事なメールが削除される可能性はゼロではないので、
OutlookExpressにある「終了時に削除済みアイテムを空にする」などの、
自動的にメールを完全に削除するような設定は解除しておきましょう。
当然ですけど、「削除済みアイテム」を空にする前には、よくチェックしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YouTubeの動画を携帯で見たい

長い間、トホホなできごとに遭遇できなかったので、更新できずにいました。(笑)
別にトホホじゃなくてもいいじゃないか、という気になり、今回は裏技っぽいことを書きます。

YouTubeやGoogle Videoなどの動画サイトを楽しんでいる方も多いと思います。
私はポップスのプロモーションビデオを見るのが好きなので、暇があると覗いています。
初めての方のために、動画サイトの楽しみかたをさらっと説明しておきます。
YouTubeGoogle Videoをクリックしてみましょう。
英語ばかりですが慌ててはいけません。[Search]ボタンの左側にあるボックスに、何かキーワードを入力してみてください。
ええ、日本語でも構いません。
たとえば、「平井堅」と入力すると、平井堅に関する動画のリストが表示されます。
興味のあるリンクをクリックすると、黒い画面に「Loading」と表示され、
しばらく待っていると、動画の再生が始まります。

ここからが本題です。
この動画をパソコンじゃなくて携帯電話で見たい!と急に思いました。
理由はわかりません。(笑)
まず、この動画を何とかしてパソコンにダウンロードしなきゃ。
動画をクリックしても保存できません。
探したらありましたよ。YouTube動画のダウンロードサイト
ここ以外にもたくさんありましたが、やり方はだいたい同じです。
動画を再生したときのURLをコピペして、サイト名を選択して、[DOWNLOAD]ボタンをクリック。
[DOWNLOAD LINK]ボタンが出現したら、クリック。
「ファイルのダウンロード」ダイアログが表示されるので、[保存]ボタンをクリック。
保存先を聞かれるので、フォルダを選択して、ファイル名を入力。
このとき、わかりやすい名前に変更して、拡張子は「.flv」にします。
[保存]ボタンのクリックで、ダウンロードが始まります。
このファイルは特殊な形式なので、通常はパソコンでは再生できません。
どうしてもパソコンで見たい方は「flv 再生」で検索するとフリーソフトが見つかりますので、
インストールしてくださいね。
携帯電話で見るのが目的なので、パソコンで見る方法は省略。

やっとパソコンに動画がダウンロードされました。
この形式のファイルは、携帯電話でもそのままでは見ることはできません。
そこで、このファイル形式の動画を携帯電話用に変換するフリーソフトを見つけてきました。
携帯動画変換君」というソフトです。
このソフトをダウンロードしてパソコンにインストールしましょう。
このソフトには、いろいろな設定があらかじめ用意されているのですが、
自分の携帯電話はどの設定が適切なのかがわかりません。
このページに、携帯電話の機種リストがありますので、
お使いの機種名をクリックして設定方法をご覧ください。
大勢の方々が情報を持ち寄って、最適な設定を模索しているようです。

この携帯動画変換君を起動して、使用する携帯電話に合った設定を選択し、
このソフトのウィンドウにさきほどダウンロードしたflvファイルをドラッグするだけで、
携帯電話用の動画に変換してくれます。

私の携帯電話はauのW41Hで、256MBのminiSDカードを入れています。
パソコンと携帯電話を接続するケーブルもおまけで付いてきました。
10MB以上ある動画も多いので、それだけの空き容量があるかを確認しておきます。

ここからは、auのW41Hでの方法となりますが、カンベンしてください。
パソコンと携帯電話をケーブルで繋いで、マスストレージモードでデータ転送の準備をします。
パソコンのエクスプローラに携帯電話がリムーバブルディスクとして認識されていれば準備OKです。
さっきのソフトで変換したファイル(W41Hなら拡張子3g2)をエクスプローラから、miniSDの\PRIVATE\AU_INOUTフォルダへ保存します。
携帯電話のminiSDメニューにある[PCフォルダ]を選択し、転送したファイルがあることを確認します。
そのままサブメニューのボタンを押して、[自動振分]を実行します。
miniSDメニューの[データフォルダ]-[EZムービー]を選択すると、
動画のリストが表示されますので、再生する動画を選択し、[再生]ボタンで再生開始です。
音量調整は十字キーの上下ボタン、巻き戻しと早送りは左右ボタンで行います。

と、いうことで、
やっと、携帯電話でYouTube動画を再生できるようになりました。めでたし、めでたし。

この技術を応用すれば、ビデオカメラで撮った映像やTVの録画など、
いろんな映像を携帯電話に保存して、友達に見せびらかすことができますね。
見せびらかしたい映像ってどんなものか、あまり思いつかないけど。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2007年7月 »